企業沿革

30周年を迎えて

株式会社丸三タカギは平成29年11月 記念すべき設立30周年を迎えることができました。

丸三タカギの歴史は、弊社創業者である髙木束三が、昭和50年大阪市東住吉区で創業した事に始まり、平成元年11月に会社設立にいたりました。

創業時の木製表札の撥水加工にはじまり、当時成長期を迎えていたホームセンター業界の流れに乗り次々に店舗展開を行い、順調にビジネスを拡大していきました。
その後ガーデニングブームで急成長を遂げたエクステリア業界より、表札・ポストなどのエクステリア商品を生産し供給して欲しいという強いご要望を賜り、エクステリア業界のお客様とのお付き合いが始まりました。
たくさんのお得意先様と仕入れ先様に支えられ、平成18年度に年間生産個数165,000枚を記録し表札メーカーとしては業界ナンバーワン企業の地位を築きました。

弊社の組織体制はまだまだ未熟なものではありますが、『どんな時代でも、お客様から必要とされ、皆様から親しまれる企業、そして真の№1企業でありたい』という想いの下、新たな長期ビジョンを掲げ、託された大きな使命を果たしてまいりたいと考えております。
弊社には、これまで幾度となく苦難を乗り越えてきた原動力、すなわち、『全社一丸となった総合力』があります。これからもこれを信じ、大切にし、そして後世へと引継ぎたいと思います。

丸三タカギは、次なる時代へ向け、今日からまた新たな一歩を踏み出します。
設立30周年の価値ある節目の年に、意識を変え、行動を考える新たなスタートの場として、全社一丸となりチャレンジしてまいります。
今後は、表札総合メーカーの枠を超え、多くの方の目を楽しませるエクステリアデザイン企業としてサインとエクステリア商材のご提供を続けてまいります。

新しい丸三タカギにどうぞ皆様ご期待ください。

株式会社 丸三タカギ
代表取締役 髙木勝商

丸三タカギのあゆみ

1975

昭和50年

大阪市東住吉区にて 髙木束三 丸三 創業

木曽ヒノキ表札 ポリウレタン撥水加工 実用新案申請

沿革写真1

沿革写真2

昭和50年

新幹線・博多開業

1979

昭和54年

大阪市阿倍野区阪南町1-44-2に移転

ホームセンター 参入

昭和54年

東京サミット

インベーダーゲーム流行

1989

平成元年

大阪市阿倍野区阪南町1-45-21に新本社建築 移転

株式会社丸三タカギ設立

沿革写真3

平成元年

竹下首相退陣

消費税導入

1994

平成6年

大阪府八尾市宮町に八尾工場竣工 石材・タイル彫刻開始

関連会社 株式会社日本エクステリア設立

沿革写真4

沿革写真5

平成6年

オウム真理教・地下鉄サリン事件

大江健三郎氏がノーベル文学賞受賞

2000

平成12年

フォーウンアソシエイツ買収

大阪市平野区に 加美工場開設 カメオ彫刻開始

沿革写真6

平成12年

シドニー五輪

イチロー・大リーグ入団

2003

平成15年

大阪府松原市三宅東に松原工場開設 八尾・加美工場を集約

髙木勝商 社長就任

平成15年

地上波デジタル放送始まる

小泉再改造内閣発足

2005

平成17年

大阪府松原市三宅東に松原フォローセンター開設

364日 受注対応体制スタート

沿革写真7

沿革写真8

平成17年

福知山線事故

愛知万博

2007

平成19年

株式会社エクスタイル 設立

エクステリア参入

平成19年

郵政民営化

新潟県中越沖地震

2008

平成20年

埼玉県さいたま市大宮区に 関東営業所 開設

関連会社 有限会社フォーナート オンラインショップ開始

平成20年

北京五輪

2009

平成21年

株式会社エクスタイル ポスト事業参入

沿革写真9

平成21年

裁判員制度による初の裁判が始まる

2012

平成24年

優良申告法人 表敬

スヌーピー キャラクター ライセンス契約取得

沿革写真10

平成24年

ロンドン五輪

東京スカイツリー開業

2015

平成28年

機能門柱事業参入

沿革写真11

2015

マイナンバー制度がスタート

2016

平成28年

関連会社 株式会社日本エクステリア オンラインショップ開設

平成28年

ポケモン GOの日本配信開始

2017

平成29年

東京都豊島区に東京支店を開設

大阪市阿倍野区阪南町に常設展示場を開設

優良申告法人 表敬

沿革写真12

昭平成29年

藤井4段が29連勝、最多連勝記録を30年ぶりに更新へ

2018

平成30年

設立30周年式典開催

loading